忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18 (Wed)
och-p-073.jpg
「あれ!?棚村?何してるのよこんなところで」
岩本穐はその大きな両目を、さらに見開いて俺を見た。心底意外そうな顔を見せたあとに、面倒臭げに短く息を吐く。「こんなところ」とは、学校から6キロほど離れた温泉街の道端だった。ここには笑乃助の家があるのだが、俺の方から遊びに行く習慣が無い事は岩本も知っている。
「よお、こいつの散歩だよ」
視線を足元に移した。俺の右手から伸びたリードの先には、丸々とした大きな犬が伏せている。主人の足が止まったのを良いことに休憩に入ったのだろう。口の端からはだらしなくよだれがたれ落ちている。ブルドッグの口の構造上仕方の無い事だが。
「あんたの家、犬飼ってたんだ。それにしても随分と遠出したわね、隣町でしょ、ここ」
学校から6キロ、家からは7キロも離れたこの場所に、犬の散歩としては無理があるし、この質問は当然来るだろうと思っていたので、事前に用意していた理由を返事に付け足した。
「こいつ最近太ってきたからな、ダイエットだよ。お前は?」
靴先で、寝そべった犬のわき腹をつま先で突付きつつ、別に聞かなくとも知っているのだが、自然な流れとして尋ねておく。
「私は…部活よ」
少し躊躇いがちに言った岩本は、天体望遠鏡の入ったケースと、三脚やらが上から飛び出したナップザックを背負っている。天体観測は岩本の前からの趣味だが、彼女はそのことを積極的に人に話そうとはしない。学校での活発なイメージとギャップがあると思っているらしく、返事に躊躇があったのもそのためだろう。なにを趣味にしていても、自分が好きなら物怖じする事は無いだろう、といつも思うのだが、それを俺の口から岩本に言った事は無い。
「こんな時間からか?」
空を見上げると、まだ正午も回っていない、朝方というにも遠い午前11時半の太陽が、まばゆく光っている。快晴ではあるが、星は見えない。当たり前だ。
「場所探しよ、こっちの方は街灯少ないし、日が落ちる前にいい所無いか見に来たの。…ってかさ」
音を立てながら背中の荷物を背負いなおすと腕を組んでにらみつける。
「こんな時間からアンタも何やってんの。しかも休みの日に、こんな早起きして」
用意していた俺の登場理由では、まだ納得がいかないらしい。
「な、凄い偶然だよなあ」
全く偶然ではありはしないのに、そんな返事をしてみる。
PR
2008/11/06 (Thu) OCH Trackback(0) Comment(5)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

こんにちは♪
ブルドッグいい表情してるなぁ(笑
天体観測の場所探しのところを読んでて
ふと昔、カブトムシ取りで昼の間にめぼしを付けておくーって事を思い出して
至極納得&懐かしくなったり(^^
ろくろーぶな(◎v◎)さん / 2008/11/29(Sat) / 編集

こんにちわー

こんにちわー
お互いが何かを隠してるような感じがしますね。。。
(気のせい?

最近寒くなってきましたし、インフルエンザとかもまた出てくると思いますのでお体に気をつけてくださいね。
怪魅夜 爆さん / 2008/12/02(Tue) / URL 編集

無題

>ろくろーさん
バナナとビールを発酵させたものをストッキングに入れて、木に吊るして…というのが、デフォだった気がしますが、夜に探しに行けば大体見つかっていたので、試した事は無かったりします。
天体観測については、じつはあまり詳しくないので、本当に昼のうちにめぼしをつけたりするのか疑問です。
調べてもいないことを文章にするのはルール違反な気もしますね…。

>爆さん
文章の書き方が未熟なため、自分でも登場人物達の感情表現がいまいちわかりにくくなったりします。最近はちょっと文章の書き方についても勉強をしてみようかしらと思い始めました。
身の回りではインフルってる人はいないみたいです。予防はだいじですね、そちらもお気をつけて。
市松さん / 2008/12/09(Tue) / 編集

無題

わ、出遅れた…!(←反応遅すぎ)

なにやら新展開で雰囲気が変わってきましたね…それにしてもこの2人、予想以上に深いキャラクターの気がしてきました。

授業の一環で、夜の学校に集まって天体観測をしたことがあります。
天体望遠鏡を覗くのも楽しかったのですが、参加していた1人が夜空を横切っていくすごく小さな光の点を見つけて盛り上がりました。
ちなみにその正体は、地球の周りを回ってる人工衛星。肉眼で見えることに驚きましたよ…。
ひびきさん / 2008/12/29(Mon) / 編集

無題

>ひびきさん
「日常」の中の「非日常」を描くこの物語にとって、この二人はそのバランスをとる上で無くてはならない存在です。
日常というリアルをいかに表現できるかが今後の課題です。

人工衛星って肉眼で見えるんですよね。
UFOか!?と、最初思うんですけど、種明かしされると、むしろ人間の手で作ったものが遥か上空に存在している事が実感出来て、感動しました。

この間読んでた「とらドラ!」3巻に同じような人工衛星の話が出てきて、ちょうど思い出していた事でした。
市松さん / 2009/01/04(Sun) / 編集
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]